「人間も動物の一種である」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。もちろん、これに対しては様々な意見のあることでしょう。ときに、このたびシドニー工科大学から、男性についての研究報告が届きました。自然なことというべきか、意外というべきか、なんと男性は上半身裸の同性にも『興奮』していたというのです。

They may not admit to it, but new research reveals that shirtless men appeal to heterosexual males just as much as females.

裸とお金

シドニー工科大学でマーケティングを教えているユージン・チャン氏は、上半身裸の男性が、消費者の金銭に対する意識を刺激するかどうかを調査しました。その方法は、異性愛者の男女180人にファッション広告を見せる、という単純なものでした。男性には男性の写った広告を、女性には女性の写った広告をそれぞれ見せています。

「アバクロンビー&フィッチ」の広告

使われた広告には、筋肉質すぎず肥満でもないモデルか、魅力的で挑発的な姿のモデルのどちらかが写っていた。

image by

Abercrombie & Fitch

広告を見た後、実験の参加者には『確実に50ドル手に入る方法と、50%の確率で100ドルが手に入る方法、どちらを選ぶか』というアンケートが取られました。2つの選択肢は期待値は同じですが、リスクがまるで異なっています。

調査の結果、上半身裸の広告を見た男性のうち、『モデルより自分が劣っている』と判断した人は、高いリスクを選ぶことが多かったといいます。しかし『モデルより自分は魅力的だ』と判断した男性は、低いリスクを選ぶことが多くなっていたのです。

「H&M」の広告

デヴィッド・ベッカム。

image by

justpink.it

一方で女性の場合、男性とは異なる結果が出ていました。実験の開始時点で、女性は高リスクに対する欲求が男性より高かったようです。しかし、下着メーカー「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告を見ても、彼女たちに変化は起きませんでした。選択肢の選び方に影響は見られなかったのです。

研究者の見解、しかし

ユージン氏は、調査結果を受けて「(本人たちが)それを理解しているかどうかにかかわらず、男性は生殖の成功のために競争している」という見解を述べました。

彼は、「もし魅力的な肉体の男性と出会ったら、魅力的な女性をめぐって、私と彼のあいだには競争が起きると思うだろう」といいます。そして、そのとき『魅力的でない』男性は、自らの資産を増やすべく経済的なリスクを選びがちだというのです。なぜなら、女性たちは肉体的魅力だけでなく資産も評価するからだ、というのですが……。

image by

Getty Images

これは進化論的な観点であり、「すべて潜在意識で起きていること」だとユージン氏はいいます。しかし、進化心理学の分野では『すべての根底に異性愛への欲求がある』という仮定そのものが議論の対象となっており、この見解を疑問視する声も出ています。また『女性は肉体と資産を見ているもの』という前提が批判されてもいるようです。

まだまだ議論の余地がありそう。

image by

Getty Images

裸とリスク

それでも『上半身裸の男性が、男性の経済的リスクを高める』という研究結果があることは事実です。現在、そのような広告の多くはファッションの分野に多くみられます。では、もしも投資などの広告に上半身裸の男性が登場したらどうでしょうか……。

シドニー工科大学でビジネスを教えるデヴィッド・ウォーラー氏は、現在の金融機関を「世界規模の金融危機で受けた悪評からの回復途中であり、慎重すぎるくらい慎重」だと分析しています。彼いわく「自らを強力で信頼できる、保守的な存在として見せたがっている」金融機関が、わざわざ物議を醸すような広告を打ち出すことはないというのです。

三菱東京UFJ銀行

『テルマエ・ロマエ』の阿部寛氏もスーツ着用。

image by

YouTube

もちろんファッション広告に限らず、性的な刺激の数々は、私たちの生活のいたるところに溢れています。たとえばロシアでは、まったく別の意味で、性的な広告が男性に多大なるリスクをもたらしたことがありました。

2014年10月、モスクワで、裸の女性の胸を映した広告を付けた30台のトラックが街中を走りました。すると24時間で517件の交通事故が発生、企業が補償金を支払うという事態に発展しています。トラックの側面に広告を掲示するサービスのPRが、思わぬ訴求力を発揮してしまったのでした。

さすがに目を引きすぎた。

image by

METRO

裸と平和

一方でこうした議論が持ち上がるのは、男女を問わず『ヌード』が受け入れられやすい社会であることを示しているといってよいでしょう。

2012年にオーストリア・ウィーンで行われた男性ヌード写真展「ヌード・メン」は、1日あたり1,000人以上が訪れる盛況ぶりでした。全裸の男性を映した広告には批判が集まり、局部を隠すという対応がされたものの、会場となった美術館の来場者数は前年度より36万人以上増加したようです。来場者も裸になって鑑賞するというイベントも開催され、約250人が参加しました。

image by

ロイター

全裸の状態でありながら服を着ているのと同じように過ごすヌーディズムは、衣服からの解放感や、全身が直接日光や水や空気に触れることの楽しみを目的に実践されています。日本で理解されているとは言いがたい文化ですが、ドイツやフランスなどのヌーディズム先進国では、いわゆる露出行為とは性的感情の有無などで区別されているといいます。

ヌーディズムが性別や容姿に関係なく「裸で過ごす」ことを許す限り、そこではユージン氏の指摘する『競争』は回避されているのかもしれません。少なくともその場では、『裸』と『お金』と『競争』が繋がらない(繋がりづらい)のでしょう。それならば、彼らは動物の『本能』からも、一時的に解放されていると言えそうです。

2003年・イラク戦争にヌードで抗議

『裸』で『競争』に訴えかける。

image by

Dialogo News

とはいえ、私たちは生殖のための『競争』を完全に回避することはできません。性別を問わずにどうしても『裸』を見てしまい、また日常のあちこちから性的な刺激を受け取っている……そんな私たち自身が、『本能』から解放される困難さを一番よく知っているはずです。

それでもユージン氏は、性的な刺激が私たちに与える影響やリスクについて認識しておくことが重要だといいます。そして私たちは、そもそも『そうすることくらいしかできない』ことでしょう。しかしそこから始めることこそ、私たちが『本能』ときちんと向き合う、ひとつの優れた方法なのかもしれません。

REFERENCE:

Shirtless men appeal to males just as much as females – and cause them to take more financial risks if used in ads, study finds

Shirtless men appeal to males just as much as females – and cause them to take more financial risks if used in ads, study finds

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2999414/Shirtless-men-appeal-males-just-females-causes-financial-risks-used-ads-study-finds.html

Link between good looks and financial risk

http://newsroom.uts.edu.au/news/2015/03/link-between-good-looks-and-financial-risk

Sexy Male Models Make Straight Men Take More Financial Risks, Which Explains So Much About Abercrombie Ads

http://www.bustle.com/articles/70598-sexy-male-models-make-straight-men-take-more-financial-risks-which-explains-so-much-about-abercrombie

Advert of woman’s breasts posted on side of van causes 500 car crashes in just 24 hours

http://metro.co.uk/2014/10/15/hello-boys-advert-of-womans-breasts-posted-on-side-of-van-causes-500-crashes-in-just-24-hours-4907663/

ウィーンの「男性ヌード写真展」盛況、広告ポスターには非難も

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE89U04620121031

男性ヌードを250人が裸で鑑賞、ウィーンの美術館で

http://jp.reuters.com/article/idJPTYE91I00B20130219

ヌーディズム – Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0