指紋や声紋のように脳波を測定することで個人認証を行う技術がニューヨーク州立大学ビンガムトン校で開発された。

a team of researchers from Binghamton University may have the answer, thanks to a new technique that can identify people with 100 percent accuracy just by looking at their brainwaves.

『盗難』の起きない生体認証

指紋や声紋、虹彩など、同じものが二つとしてないとされる個人の身体的特徴を利用した生体認証。iphoneなどにも導入され非常に便利なものとなっているが、偽造や偽装の危険が大きい。iphoneの指紋ロックは少し検索すれば簡単に外す方法が出てくるし、(もちろん現実にそんなことは起きないだろうが)虹彩の認証だってスパイ映画のように気絶させて目を無理矢理開かせて、など、頭の中に閉まっておくだけに出来ない生体認証には必ず『盗難』の可能性がつきまとう。

今回、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研究者らは『盗難』が起き得ない脳波を測定することで個人認証を行うシステムを開発した。

映像を見た時の脳波で個人を特定

この研究は2015年に書かれた論文をさらに改良したもので、2015年の時点では脳波が精神状態によって変化してしまい最大で97%の精度しか発揮できなかった。今回の技術はそれをさらに改良し、事象関連電位と呼ばれる何かを『見る』『聞く』などした時に起こる反応に着目した。

研究者は50人の被験者の頭に電極を取り付け、500枚の画像を見せた。画像の種類は有名人や食べ物、乗り物、言葉など多岐に渡る。これらの画像を見せた時の脳波を測定したところ、それぞれの画像に対してそれぞれの被験者の脳波は違う固有の波形を示すことがわかった。研究者によればコンピュータに解析をかければ100%の精度で画像を見せた時の脳の反応で個人の認証が可能であるという。

sushi

実験の概要を伝えるビデオより

実験の画像には寿司も使われたらしい。

image by

Andrew Hatling/Binghamton University

500枚という画像の多さは『脳紋』の登録に必要なだけであり、認証の際にも見なければいけないというわけではない。研究によれば、寿司や犬など、たった6枚の画像だけで『脳紋』の認証が100%の精度で行なわれたという。

研究者はこの盗むことの出来ない認証技術をペンタゴン(アメリカ国防総省)や空軍研究所などの高いセキュリティが必要とされる場所の認証システムに使われるようになることを期待している。

REFERENCE:

Researchers can identify you by your brain waves with 100 percent accuracy

Researchers can identify you by your brain waves with 100 percent accuracy

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-04/bu-rci041816.php

New Technique Can Identify You By Your Brainwaves

http://www.iflscience.com/brain/new-technique-can-identify-you-your-brainwaves

CEREBRE: A Novel Method for Very High Accuracy Event-Related Potential Biometric Identification

http://ieeexplore.ieee.org/xpl/articleDetails.jsp?reload=true&arnumber=7435286

top image by Andrew Hatling/Binghamton University