小説を読んでいると、「この人物は歴史上では実際にどういう活躍をした人なのだろう」ということや「この作品の舞台となっている場所について知りたい」などを考えて、本を読んでいる途中や読んだ後に調べたことがある人もいるかと思います。そんな本の中には記されていない情報を、読書しながら知ることができる機能『X-Ray』が12月12日Kindle日本語書籍で提供開始しました。

書籍内の主要キーワードが一覧できる

『X-Ray』は、Kindle書籍に含まれている、主要な『人物』『トピック』『画像』を分析し、一覧表示してくれる機能です。書籍内でそれぞれの項目がどのくらいの頻度で登場するかをバーで表示し、人物、トピックにはWikipediaから抜粋された情報が掲載されたページが用意されているので、Kindleから離れずに作品の軸となる事柄についての知識を得ることができます。

main

人物やトピックは現在のページ、本全体、個々の話ごとにまとめられている。

image by

Amazon.co.jp

sub2

Wikipediaに記事のある項目については抜粋記事が掲載され、全文が知りたい場合はリンクから移動することができる。作品中にその人物名、単語が登場した箇所のハイライトも表示されるので、それをタップすればそのページまで移動できる。

image by

Amazon.co.jp

画像が含まれている書籍の場合は、『画像』メニューをタップして画像のみを表示することもでき、それが掲載されているページに直接リンクで移動することも可能です。『X-Ray』はKindle電子書籍リーダー、Fireタブレットシリーズだけではなく、iOSアプリ、Androidアプリにも対応していますが、『画像』機能は2013年発売以降のKindle電子書籍リーダー、Fireタブレットシリーズ、Androidアプリのみの対応となります。

英語書籍15,000冊がすでに『X-Ray』に対応済みでしたが、12月12日より日本語書籍の中で、『三国志』シリーズ(吉川英治著)や『竜馬がゆく』(司馬遼太郎著)など1,500冊以上が対応となり、順次人気作品を中心に拡大していく予定です。購入済みの対象作品も、自動的にこの機能がアップデートされています。

sub3 image by

Amazon.co.jp

『X-Ray for Movies』も日本対応になる日が来るかも?

216abfe0-5f99-45e3-b52e-ce7cb07cb64f image by

CNET

アメリカのKindleでは今回の動画版『X-Ray for Movies』というサービスも提供されています。これは、対応している動画の視聴中に気になる人物をタップすると、その人物のプロフィールや他の出演作品を知ることができたり、作品にまつわるトリビアを知ることができるというものです。日本では現在未対応ですが、今回同様日本作品にも提供が開始されるという可能性もあるかもしれません。読書をしながら気になった事柄を後で調べようと思っていたのにそれがなんだったのかを忘れてしまったということや、気になるものを調べながら読んでいて作品にいまひとつ没頭できなかったという残念な体験から解放されるようになるかもしれません。