日本では一般の人が銃を持つというイメージ自体があまりありませんが、海外では自衛手段として一般的に扱われている国もあり、デザインも様々なモデルが発売されています。そんな中、なんとズボンのポケットにしまっておけるサイズの小型銃が登場するようです。しかもこの銃、見た目はスマートフォンを意識して造られているというのです。

『TAURUS 180 CURVE PISTOL』PV

It is dubbed ‘the gun you wear’ and designed to look like a smartphone when in your pocket.
Brazilian gun firm Taurus says its new $400 curved design makes it possible to wear the gun – which is even fitted with a laser targeting system – without a holster, and without it being spotted.
With a .380 barrel, the firm boasts the gun can be carried at all times.

iPhoneと同じサイズの銃

Taurus-Curve-180CRV-0 image by

Taurus

 
この小型拳銃は『TAURUS 180 CURVE PISTOL』と名付けられており、公式サイトによれば湾曲したデザインの銃は世界初だといっています。ズボンのポケットにすっぽりと収まるサイズに設計されており、重量は10.2オンス(約290グラム)と超軽量が売りの銃です。使用する弾薬は小型自動拳銃用の弾『.380ACP弾」。こんなに小さいのにかかわらず、フラッシュライト、レーザーサイトで狙いをつけることができるようになっています。同社は「iPhoneと同じサイズになるように開発・設計した」とコメントしており、「実際にポケットに入れた場合でも違和感がないよう軽量化されている」と語っています。

この銃を開発したのはブラジルのトーラス社。同社は有名なS&W社のリボルバーをライセンス生産する下請け企業を経て、徐々に力をつけ自社開発のモデルを登場させることができるようになりました。同社が一躍有名になったのは大型の自動拳銃の『トーラス・レイジングブル』というモデルでした。そんなトーラス社が満を持して開発したのが今回のコンパクト・モデルになります。

スクリーンショット 2014-11-27 20.41.59

グリップ部分が手で隠れてしまうと、一瞬ゴツいケースに入ったスマホと見間違えそうにも思える。

iPhoneと銃が間違われる可能性が出てくる?

iStock_000015428285_Small image by

GettyImages

今月22日、オハイオ州クリーブランドで12歳の黒人少年が模造銃を持って公園で遊んでいたところ、やって来た警察に射殺されるという事件が起きました。銃を持った少年が人々に向けているという通報が入り、到着した警察が周囲や自分たちの安全のために正当な行為として発砲したと供述していたのですが、公開された記録では通報者は模造銃だと言っていたにも関わらず現場に行った警官にはその旨が伝わっていないこと、警官が現場に到着してすぐに発砲したことが公開された動画によって判明するなど、この事件の波紋はまだ広がりそうです。

cleveland-boy-shot-gun.si image by

RT

iPhoneと同サイズのこの銃が発売されれば、ふと街中で見かけた警官の姿を撮影しようとポケットに入っているiPhoneを取り出して向けた途端に射殺されるというような事件が発生する可能性はないとは言い切れません。

自衛に銃は必要なのか

アメリカでの銃規制は年々厳しくなっており、オバマ大統領就任後は特にその規制は厳しいものになっています。とはいえ他の国に比べると銃大国であることに間違いはありません。今月24日ファーガソンで起きた黒人青年射殺事件で射殺した警官が大陪審で不起訴になったことから発生した暴動以降、ファーガソンでは銃がこれまでにない数が売れており、銃教習所に通う人も増えているのだそうです。自分の身は自分で守る、そのためには銃が必要であるという思考が強いことが伺えられます。銃を持つことが比較的容易であるということは、それだけ自分に銃が向けられるという可能性も高いということになるのでしょう。

handgun with bullets image by

GettyImages

いくら身体を鍛えても、護身術を習ったとしても銃を向けられれば人は無力です。銃には銃で、その思考が消えない限り、人々と銃の接点は薄くならないのではないでしょうか。