カナダに住む少女が釣り上げて見せたのは、自身の体重の何倍もあるクロマグロです。世界的な記録であろうこの偉業の影で、彼女は巨大な魚よりも嬉しい『副賞』を手にしていました。

海外メディアによると、カナダ・ノバスコシア州の少女Jenna Gavinさん(12)は、自分の力だけで2時間かけて616ポンドのクロマグロを釣り上げ、ギネス世界記録を更新した。母親から褒美のiPadをもらった。

Jennaさんは、両足ががたがた震えていた。一番大変な時に、母親が釣り上げたらiPad miniを与えると約束した。

世界記録を更新したのは12歳の少女

12歳の少女Jenna Gavinさんはカナダで重量616ポンド(約280kg)のマグロを釣り上げ、それまでのIGFA(国際ゲームフィッシュ協会)記録であった11-16歳少女431ポンドを大幅に上回る世界記録更新を果たしました。

両親らと共にノーサンバーランド海峡へ釣りに行ったさなか、Jennaさんのもつ竿に大物がヒットしました。世界記録を狙うため通常なら周囲の援助が必要なところを、1人で怪物のようなクロマグロと2時間にも及ぶ死闘を繰り広げることになりました。比類なき大物でしたが、釣り上げたらiPadという母親の約束が彼女の内なる力を呼び起こして、見事クロマグロを釣り上げました。彼女に嬉しい副賞とはiPadのことだった訳です。

クロマグロを釣り上げたJennaさん

image by

新華ニュース

大人であっても難しい

そのような巨体が航行中に海を通り過ぎるのを見ただけで一般の観光客ならば震え上がるというものです。自分の体の何倍もあるクロマグロはただ力まかせによってはなく、十分な釣りの経験や技によって釣り上げることができます。しかしそれ以前に、航行の日程に巨大なクロマグロがあたってくれるかどうか、幸運なタイミングに恵まれて初めて釣りの経験と技を発揮することができます。

タイセイヨウクロマグロ

カナダ・ノバスコシア州生息のクロマグロは、大型マグロ類の中でも最大級であり、太平洋産のそれよりも大きい。クロマグロは黒いダイヤとも呼ばれるほどの希少価値で、その相場は旬のもので1kgあたりおよそ3000円~の価格、体全てが食用になるわけではないので680kgの8割を食用とし、544kgあたりおよそ163万2000円~という価格がつく。純粋に食用の価格を出せば上記の通りだが広告効果の方がむしろ期待される。過去に話題になった俳優の松方弘樹さんの325kgのクロマグロには、437万円という価格がついている。食肉部282Kgで価格が84万6000円に対し、残り全てを広告効果とした価格が352.4万円になる。 

image by

wikipedia

Ken Fraser

1979年、世界最大となる1496ポンド(680kg)のクロマグロを釣り上げた。この記録は現在まで破られていない。

少女にとって長時間の絶え間ないクロマグロとの格闘を続けられたのは家族がそばにいてくれたことと、さらなる応援としてiPadが付け加えられたことでした。少女は勇気で世界記録とiPadを釣り上げることができました。

REFERENCE:

新華ニュース

新華ニュース

カナダ iPadのために少女が616ポンドの超大型マグロ釣り上げる
http://www.xinhuaxia.jp/social/50212