京都大学大学院医学研究科が幸福の感じやすさ、主観的幸福度と特定の脳領域の体積に正の相関があることを発見した。

佐藤弥 医学研究科特定准教授らの研究グループは、主観的幸福の神経基盤について、脳の構造を計測する磁気共鳴画像(MRI)と幸福度などを調べる質問紙で調べました。その結果、右半球の楔前部(頭頂葉の内側面にある領域)の灰白質体積と主観的幸福の間に、正の関係があることが示されました。

MRIによって脳の大きさを測る

これまでの心理学研究によって主観的な幸福が質問紙で安定して計測でき、主観的幸福が感情成分(快を多く不快を少なく感じること)と認知成分(人生をよいものと評価すること)から構成されていることがわかっていた。

それでもそれがどのような神経基盤によって成り立っているのか、つまり脳の構造が幸福度にどのような影響を与えるのか不明なままだった。研究者は質問紙とMRIを利用することで幸福度と脳の構造の関係を調べた。その結果、右半球の頭頂葉内側面の後方に位置する右楔前部と呼ばれる脳領域の体積と個人的幸福度に正の相関があること、つまり右楔前部が大きい人は幸福を感じやすいことが明らかとなった。

同様に右楔前部の領域が、快感情強度・不快感情強度・人生の目的の統合指標と関係することが示された。つまり、ポジティブな感情を強く感じ、ネガティブな感情を弱く感じ、人生の意味を見出しやすい人は、右楔前部の領域が大きいことを意味する。

nou

右楔前部と主観的幸福の間に示された正の関係。左図は脳の領域を指す。右図は体積と主観的幸福の関係を示す散布図

体積(横軸)が大きくなるにつれて幸福度が高い(縦軸)人が多くなっていることがわかる。

image by

幸福の神経基盤を解明 — 京都大学

研究者「幸福です」

この研究により主観的な感情である幸福が客観的に測定することが可能となり、幸福が生み出されるメカニズムをつかむ手がかりになるといい、研究に携わった佐藤弥医学研究科特定准教授は「アリストテレスなどそうそうたる学者が取り組んできた「幸福とは何か」という問題に、自分なりの科学的解答が出せて、幸福です」と語っている。

うつ病との関連も?

楔前部は他にも創造性と関連する脳領域であることがわかっている。創造性の高い人間は集中時にも平静時にも楔前部を含む脳のネットワーク『DMN』の活動が活発なことで知られている。

ただ、同様に統合失調症患者とうつ病患者もDMNの活動が活発であることも知られている。DMNが活発に働いている状態はいわゆる内省がおこなわれており、過去の失敗などをくよくよと考える、将来への不安を感じるなどのネガティブな思考をしている状態だと考えられている。

dmn

DMNとは人が『ぼんやり』している時に働く脳のネットワークを指す。

image by

Getty Images

楔前部の体積が大きな人は主観的幸福度が高いのに楔前部の活動が活発な人はネガティブな思考に陥りやすいというのは不思議な話だが、これらの関連もこれからの研究により明らかになるかもしれない。

瞑想による科学的な幸福増進プログラムも

幸福を感じにくく不幸を感じやすい人は、その特性が『気の持ちよう』でなんとかなるようなものではなく『脳の大きさ』という身体的特徴に原因を特定されたことに少なからず不幸を感じるかもしれないが、瞑想によるトレーニングが楔前部の体積を変えることがあることがわかっている。今後の研究が進めば科学的データに裏打ちされた幸福増進プログラムを作られることもあるかもしれない。

REFERENCE:

幸福の神経基盤を解明 — 京都大学

幸福の神経基盤を解明 — 京都大学

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/151120_1.html

CNN.co.jp : 創造性の「暗黒面」 抑鬱や狂気が天才を生み出す?

http://www.cnn.co.jp/career/35044129.html