11月28日、Macお宝鑑定団Blogが『信頼できる筋からの話』としてiPhone7でヘッドホン端子が廃止される計画が進められていると伝えた。

信頼出来る情報筋の話しとして、次期iPhone 7でヘッドホン端子が廃止される計画が進められているようです。

薄型化のための廃止

iPhone7は現行のiPhone6よりも1mm以上薄くなる可能性が高いという。薄型化をするにあたってステレオミニのジャックの幅はあまりに大きい。そこでAppleはステレオミニの端子を廃止することを考えているようだ。

ライトニングケーブルで代用

かといってiPhone7ではイヤホンやヘッドホンで音楽が聴けないというわけではない。iPhone7に付属する純正イヤホンは端子がライトニング端子になっており、それで音楽再生ができるようになるという(もちろんBluetoothでの再生もできるだろう)。

しかしライトニング端子が運ぶ情報はデジタルデータに限られる。デジタルデータをアナログの信号に変えるDAC(デジタル・アナログ変換器)がなければ音楽は再生できない。同ブログによればiPhone7付属のイヤホンはコネクタ部分にDACが内蔵されたライトニング端子が付くことになるという。

純正イヤホン以外での再生も変換器を持っていれば問題なし

となると気になるのは純正イヤホン以外での再生だが、現在でもライトニングケーブルからDACを通してステレオミニプラグに接続するコネクタは発売されているので、それさえ持っていれば今まで使っていたイヤホンでも今まで通り音楽を聴くことを楽しむことができる。

Lightning-DAC-2

ハイレゾ音源対応DAC内臓ヘッドホンアンプ『WM8731L』

詳しく言うと『今まで通り』とはいかない。DAC次第ではiPhoneでの音楽再生の音質は格段に向上する(もちろんモノによっては低下するが)。

image by

©Wolfson

iPhone7はiPhone6までよりも高音質での音楽再生が楽しめるのではないかとの向きもあるがあまりそうは思えない。少なくともAppleから発売される純正の変換器はこれまでiPhoneに搭載されていたDACと大差はないであろうし、たとえ音質が上がったとしても格段に、というわけにはいかないだろう。モバイル機器での高音質を求めるユーザは既に上記のようなコネクタを持っているだろうし、DACを買うほど音質は気にしないが純正のEar Podsはあまり使いたくないというユーザにとっては薄くなった代わりに余計な(しかも断線しやすい)コネクタが一つ増えるようになるだけといったところだろう。

音質はともかく、このままだとiPhone7はライトニングとUSBポートの付いたコネクタを買わなくては音楽を再生しながら充電ができないということが問題だ。1ユーザとしては1mmくらい厚くて構わないので断線しやすい余計なコネクタを増やしていただきたくはないというのが正直な感想だ。

REFERENCE:

次期iPhone 7から、ヘッドホン端子が廃止? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

次期iPhone 7から、ヘッドホン端子が廃止? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

http://www.macotakara.jp/blog/rumor/entry-28639.html