嗜好品として好んで食べる人も多いチョコレート、しかし食べ過ぎれば肥満や糖尿病などに繋がるリスクを高めるとされて摂取を控える人もいます。そんな中、アメリカの会社が世界初の『薬用』チョコレートのプロトタイプを開発したと発表しました。

Now, an American company has developed a prototype that is only 35 per cent sugar and fat, by sweetening the unpalatable pure cacao with a herb from the Andean region of Bolivia and Peru.

糖分脂質を35%以下に抑えたチョコレート

iStock_000024588510_Small image by

Getty Images

もともとチョコレートの適度な摂取は健康によいとされていましたが、そのネックになっていたのが高すぎる糖分と脂肪分でした。ダークチョコレートなど砂糖をほぼ使用してないチョコレートではない一般的な甘いチョコレートは糖分と脂肪分が70%も占めているものもあり、チョコレートの健康的な側面を損なってしまっていました。しかし、今回開発されたチョコレートはそれを35%に抑えることに成功、もちろんそれで甘さが失われていればそれはただのビターチョコレートですが、アンデス地方で採れるコカ植物のエキスによってカカオが本来持つ苦味を取り除くことに成功し、きちんと甘さがあるのに実際に含まれている糖分と脂肪分は低いチョコレートが誕生したと開発者のグレゴリー・アーロニアン氏は語っています。

それってすでにあるのでは

砂糖の使用を控えているのにちゃんとした甘さを感じることができる夢のようなチョコレート。しかし、そんなチョコレートに心当たりのある人もいるでしょう。『糖質制限チョコレート』として糖尿病やダイエットのために糖質制限を行っている人でも食べることができるチョコレートがすでに多くの種類販売されています。これと今回のチョコレートの大きな違いは、砂糖を用いているか否かになるでしょう。糖質制限チョコレートは、砂糖の代わりにエリトリトールなどの糖アルコールや人工甘味料などを用いて甘さを補っています。これらは砂糖に比べて血糖値の上昇が少なく、カロリーも低いとされて砂糖の代用品として用いられていますが、やはり砂糖の持つ味とは違うため人によってはおいしくないと感じる人も中にはいるようです。その点では、今回のチョコレートは使用量を少なくしているとはいえ砂糖を用いているため多くの人が満足できる味を楽しめる可能性はあります。

もともと薬用だったチョコレート

もともとチョコレートはアメリカの先住民族が液体上のカカオにバニラや唐辛子を混ぜて薬用や滋養剤として飲んでいたのが始まりでした。それをヨーロッパへ持ち帰った際に唐辛子を外し、砂糖や牛乳を加えて甘さを与えた現在のチョコレートへと変化していったのです。薬用だったものが嗜好品へと移り変わり、また改めて『薬用』と名付けられたものが誕生したことになります。

Ans_21_06_2

チョコレートを飲むミシュテカの王たち。

image by

ウィキメディア・コモンズ

チョコレートの健康に関する効果はすでに様々な報告がなされており、明治製菓のホームページ『みんなの健康チョコライフ』ではその主な効果がわかりやすく解説されています。ここではチョコレートによる効果は主に6つ紹介されています。

脳活性化
動脈硬化の防止
血圧の低下
抗ストレス効果
アンチエイジング
アレルギー予防

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールが加齢とともに減少していく脳の活動を支えている栄養分のひとつであるBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やす可能性があるとされ、LDLコレステロールの酸化を防ぐことによって動脈硬化を防止、血管内部の炎症を抑えることによって血液を低下してくれるなど、これだけ見ればチョコレートの摂取が健康に有益であるとされる理由がわかります。これまでは糖分と脂肪分の影響もあり甘さのないダークチョコレートなどが推奨されていましたが、今回開発されたチョコレートであれば物足りなかった甘味に関しても解消されます。

iStock_000003377402_Small

ひとまず食べてみないことには。

image by

Getty Images

アメリカでは年間のチョコレートの売り上げは1兆ドルとされています。今回のチョコレートの開発が成功した暁にはチョコレート会社は健康食品会社として年間2兆ドルの売り上げを生むこともあり得ると開発者のアーロニアン氏は語っているそうです。そんなチョコレートの一番の問題はやはり味。現在はまだプロトタイプのため味に関する情報や試食レポートが載せられていませんが、いままで味わっていたものと変わらないのであれば、アーロニアン氏の語ることが現実のものになる日も来るのかもしれません。もちろん、食べ過ぎてしまえば元も子もありませんので、そのあたりはいままでと変わらないかもしれませんが。

REFERENCE:

World’s first ‘medicinal’ chocolate: Scientists have developed a bar so healthy it could be taken as medicine