さあ、今日から生まれ変わるんだ!と意気込んだものの、なかなか変われないのが人間というもの。こんな時に自分を引っ叩いてくれる友達がいてくれたら、なんて考える人も中にはいるかもしれません。そんな駄目な人の為のウェアラブルデバイスが開発されました。

開発者のManeeth Nethさんは、数年前にSNS中毒になっていたので、Facebookを開こうとする度に引っ叩いてくれる女の子を雇いました。彼女のおかげでNethさんの仕事効率は4倍に上がり、それにアイデアを得て、自分が悪い習慣をする度に電気ショックを与えてくれるデバイスの試作品を作りました。改良に改良を重ね、ついにその完成品が2015年の初めに購入できるとの事です。価格は約2万円。

電気ショックで悪習慣を改善するPavlok

パブロフの犬を文字って『Pavlok』と名付けられたリストバンドは、これまでのウェアラブルデバイスとは異なり、健康管理や記録をするだけでなく、身につけた人がもし習慣を改善できないような行動をとった場合、電気ショックを中心として様々なペナルティを加えます。

Pavlokプロモーションビデオ

我々の一日の40%以上は怠惰な習慣で占められているという事です。

まず私達がする事は、自分の習慣が何か見極めること。ファーストフードや、アルコール、ゲームなど我々の控えたい事は多岐にわたる。

そんな悪習慣を認識させたPavlokは、あなたが怠惰になった場合、電気による刺激を加えます。ビリッ!

電気ショックにより、悪習慣とあなたの脳を繋げているニューロンが次第に細くなっていきます。

Pavlokと共にビリビリしたりしながら待つこと約30日、あなたの悪い習慣が改善されているかもという事です。

Pavlokの生みの親、Sethさん曰く「電気刺激なんて言うと、君はクレイジーだって思うかもしれないね。でも、クレイジーな事こそ役立つ時もあるんだぜ!」

Pavlokには電気刺激の他、罰金を支払ったり、または電話でのアクセスが出来なくなるというペナルティーもあります。また、SNSとも連動していて、友人に自分がジムをサボった事などを逐一報告されたりします。しかし、もし良い習慣を持続できると、ギフトカードや、お金が手に入れられるという嬉しいシステムにもなっています。

stickK

似たようなサービスに『stickK』がある。このサイトに登録すると、もし目標が達成できない場合、登録したクレジットカードから慈善団体に寄付が振り込まれる。また、『GymPact』というアプリは、目標を達成するごとに賞金が支払われるという事だ。

image by

stickK

Pavlokのサイトでは、かの有名なアリストテレス大先生の言葉を引用して習慣の重要性を強調しています。「人格は繰り返す行動の総計である。それ故に優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である」と。「さあ、今日から生まれ変わるんだ!」とピリピリするよりも、2万円払ってビリビリする方がてっとり早いかもしれません。

INFO:

Pavlok