中国、舟山市の漁師が漁の最中に、ワニのようなイルカのような奇妙な生き物に遭遇し、その時の映像が話題を呼んでいる。

33948E2C00000578-3561087-image-a-29_1461752472947 image by

©CEN

33948DF700000578-3561087-image-a-28_1461752472778 image by

©CEN

なんなんだ、この顔の横の二つの突起は。記者は一瞬、寄生虫に体を乗っ取られたカタツムリ(『カタツムリ 寄生虫』で画像検索をすると出てくる。グロ注意)を思い出して震えた。

この生き物の画像は中国国内のニュースサイト163.comで報じられ、70000件近いコメントが寄せられている。mailOnlineによればコメントの中には「で、この魚はどうなったんだ? 食われたのか? また逃されたのか?」「この変な魚は、中国の粉ミルクを飲んで育ったのです。たぶん」といったコメントも寄せられているという。

33948E3B00000578-3561087-image-m-9_1461752083559 image by

©CEN

クジラの仲間との説

この生き物の正体は一体なんなのだろう。英エクセター大学の海洋生物学の上級講師、スティーブン・D・シンプソン氏によるとこの生き物はクジラの仲間で、アカボウクジラ科のコブハクジラではないかと述べている。シンプソン氏によればコブハクジラは普段は深海で生きているため、普通、海上で見かけることはほとんどないという。

最初に記者が目と見間違えた二つの突起はどうやら下顎にあたるらしく、頂点の白い部分はどうやら歯のようだ。そう言われるとワニみたいなアゴを持ったイルカに見えないこともない。そうしたことを理解した上でGoogleで画像検索をしてみると、案外全体で見るとかわいく見えないこともない。あんまり写真写りが良くない個体だったのかもしれない。

ちなみに、シンプソン氏いわく、この巨大な下アゴはオスだけにしか付いていなくて、メスを惹きつけるために使われているそうだ

……うーむ、美的感覚は千差万別って言うからなぁ。

33948E4B00000578-3561087-image-m-11_1461752125567 image by

©CEN

REFERENCE:

Fishermen in China got a shock when they recently spotted a mystery creature in the water.