安い、早い、満腹の三拍子揃った『ファストフード』。圧倒的支持を獲得しつつも、高カロリーぶりから健康への影響が指摘され、ダイエットやスポーツとは無縁のものと考えられてきました。しかしそのファストフードが、実は運動後に、サプリメントや栄養補助食品と同じ効果を発揮するかもしれません。

Eating fast food after a workout may be just as beneficial as dietary supplements, a study has claimed.
Researchers found that during recovery periods between periods of exercise, it didn’t matter what food was eaten.

筋肉とグリコーゲン

私たちは筋肉を使うとき、いわばその『燃料』としてグリコーゲンという物質を使用します。この物質はエネルギーに変換されやすいブドウ糖が連結してできており、必要な際に分解されてブドウ糖が取り出されるのです。

グリコーゲンは肝臓と筋肉(骨格筋)で主に蓄えられています。大人の身体には約300gを蓄えられるということですが、運動などで筋肉が使われると、その量は少しずつ減少していきます。もちろん運動の激しさによってスピードは異なるものの、運動をはじめてから10〜30分で使い尽くしてしまうこともあるようです。

ちなみにダンベルを持ち上げるとき、骨格筋の重さの約2%ぶんグリコーゲンを消費する。

image by

Getty Images

主に炭水化物を補給することで、グリコーゲンは私たちの身体に補給されていきます。アスリートが運動の前後に炭水化物を補給するのは、実はこういう理由からだったのです。

研究者の飴とムチ

こうしたグリコーゲンの性質を参考に行われたのが『とにかく動き、そして食べ、また動く』という極めてシンプルな実験でした。モンタナ大学院生のマイケル・クラマー氏は、『食べたものがいかにグリコーゲンの補給に役立ち、また人は回復するか』を測定することにしたのです。

11人の精鋭たち

image by

Getty Images

マイケル氏によって集められたのは、鍛え抜かれた11人の男性アスリートでした。彼らは実験を前に、12時間の断食を求められていました。しかし、お腹を空かせた彼らにつきつけられた第一の実験は、なんと90分間耐久のハードな運動だったのです。

運動を終えたアスリートたちは2つのグループに分けられると、それぞれ別の食事が与えられました。ファストフードと栄養補助食品、それもかなりの量を彼らは食べているのです。

ファストフード・チームのメニュー

ホットケーキ

image by

Getty Images

ハッシュドポテト

image by

McCain Foodservice

さらに2時間後

ハンバーガー、フライドポテト、コーラ

image by

Getty Images

サプリメント・チームのメニュー

ファストフード・チームが、ある意味『贅のフルコース』に食らいつくのを横目に、一方のグループは栄養補助食品を粛々と口にしていました。

ゲータレード

もはや日本でもお馴染み。

image by

GENIUS

ピーナッツバター

天然素材で作られたもの。

image by

Getty Images

CLIF BAR BLOKS

炭水化物と電解質をすばやく摂れる。日本でも一部店舗で販売されている。

image by

CLIF BAR

その2時間後、Cytomax

ブドウ糖や炭水化物を摂れる。粉末を溶かして飲む。

image by

Nutrition and Supplement

Powerbar社製品

炭水化物やナトリウムを摂れる。日本にも上陸済み。

image by

BIKEDISCOUNT

かたや胃もたれしそうなほどのファストフード、かたやストイックすぎて胃が痛くなりそうなほどのサプリメント。しかし、両者に含まれているカロリーや炭水化物、タンパク質はほぼ同じでした。ただし、ファストフードの方がナトリウムと脂肪をやや多く含んでいたということです。

また運動

両チームが2回目の食事を終えてから2時間後、マイケル氏は彼らに次なる指令を下しました。次のメニューは、フィットネスバイクで約20km全力疾走です。重い食事のあとには大変こたえそうです……。

そろそろ許してあげてほしい。

image by

Getty Images

アスリートたちは実験の過程で、グリコーゲンの割合を確認するために筋組織のサンプルを採取され、また血液検査も実施されています。しかも1週間後、前回とは別の食事メニューに切り替えて、彼らは再び同じ実験に取り組んでいました。

実験結果

肉体的にも精神的にもハードな研究の末に判明したのは、ファストフードとサプリメント、どちらを食べても結果は同じということでした。それどころかファストフードを食べた場合のほうが、運動後にグリコーゲンがより回復していたのです。また、インスリンやグルコース、コレステロールなどの数値にも差は出なかったといいます。

SS:サプリメント FF:ファストフード

胃の不快感も同じくらいだったとか。

image by

REAL CLEAR SCIENCE

こうしたデータを踏まえて、マイケル氏は「グリコーゲンを再合成する効果は、スポーツ栄養食品だけでなくファストフードのようなものにも含まれている」と述べています。

一方で彼は、「実験はごくわずかな例にすぎず、グリコーゲンをファストフードで回復することの長期的リスクは分からない」とも話しています。また、実験はアスリートを対象に行われたものであり、鍛えていない人が同じことをしても同様の効果が得られるとは限らないということです。

運動不足の方は真似しないでください。

image by

Getty Images

本当に同じ効果が得られるとしたら、経済的にも、サプリメントよりファストフードを選びたくなることもあるでしょう。しかし、肥満などの長期的リスクを考えると、必ずしもお薦めできないことは事実です。

とはいえ日々のトレーニングでプロテインにも飽きてしまい、たまには違うことを試してみたくなった……そんな方であれば、一度くらい試してみるのも悪くないかもしれません。もちろん、その際はくれぐれも無理のない範囲でお試しいただくよう、よろしくお願いいたします。

REFERENCE:

Hooray! You CAN eat fast food after exercise: Burgers and chips are just as good as supplements for workout recovery, study claims

Hooray! You CAN eat fast food after exercise: Burgers and chips are just as good as supplements for workout recovery, study claims

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3023064/Hooray-eat-fast-food-exercise-Burgers-chips-just-good-supplements-workout-recovery-study-claims.html

Need to Recover from a Workout? Fast Food Is Just as Effective as Supplements

http://www.realclearscience.com/journal_club/2015/04/01/fast_food_works_just_as_well_as_supplements_after_a_workout_109157.html

YOU COULD EAT FAST FOOD AFTER A WORKOUT TO BUILD MUSCLE

http://www.popsci.com/you-could-eat-fast-food-after-workout-build-muscle

グリコーゲン – Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

グリコーゲンとは? | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

http://www.know-dt.com/SuppleARC/nutri/005_glycogen.html