ネット上の仮想通貨として世界中に広がったビットコイン。取引所が破綻したり、国によって通貨と認められなかったり、ドラッグの闇取引に利用されたりと相変わらず世間を騒がしてくれていますが、ビットコインのデータをマイクロチップとして体内に埋め込む事で、まるでSuicaやEdyのような電子マネーとして使う事が可能になりました。

日本政府はビットコインを通貨でも有価証券でもないとしている

なぜ体内に?

一般のお金と同様にビットコインには財布にあたるものがあります。個人のパソコンにインストールするもの、サイトが提供するもの、あるいはモバイル端末を使用するものなどがあります。そういった財布に加え、『公開鍵』と呼ばれる口座番号にあたるもの、『秘密鍵』という暗証番号にあたるものを併用する事でユーザはビットコインを管理します。ところが、最も重要とされる『秘密鍵』はビットコインを支出するためのものなので、常時ハッキングされる危険にさらされています。

『秘密鍵』・『公開鍵』は南京錠に例えると分かりやすいのではないだろうか。南京錠(公開鍵)は誰にでも鍵を閉められるが、開けることが出来るのは鍵(秘密鍵)を持っている当事者のみである。

そこで、『秘密鍵』を安全に保持する方法がいくつか考案されました。まず手元に持つこと。これは比較的安全な方法ですが、HDDの故障、スマートフォンの紛失・盗難には無力です。次に『秘密鍵』の保持をサーバに委託する方法。しかし、サーバダウンやサービス停止などがあったら大変です。また、複雑なパスワードを作り出し『秘密鍵』にアクセスする方法もありますが、アクセスが面倒な上に、パスワードを紛失したらビットコインを引き出せません。

そこで登場したのが『秘密鍵』をチップに導入して体内に埋め込もうというアイデア。生態的に記録しておくのが一番安全だろうという事です。これで体ごと持っていかれない限り、あなたのビットコインは盗まれないはずです。

ビットコインには政府機関や銀行などの第三者機関が存在しません。従って、預金封鎖や口座凍結される心配がなく、仲介手数料も安く抑えられます。大金を所持しているために税関で止められる事もなく、基本的には世界各国で使用できます。また、現在では投資対象としても注目されてきています。ビットコインは金のように生成量が決まっているので、利用者が増えるほど希少価値が高まります。様々なメリットのあるビットコイン。マイクロチップを体に埋め込むことでセキュリティ対策がより強固になれば、これほど心強いお金はないかもしれまん。

さまざまなマイクロチップ

ビットコインだけでなく、マイクロチップを体内に埋め込む技術は各方面に見られます。日本獣医師会などで構成されるAIPO(動物ID普及推進会議)は犬やネコなどのペットにマイクロチップを埋め込むことを普及・推進しています。これにより、ペットの個体識別が可能になり、行方不明になった場合などの捜査に役立ちます。

避妊具としてのものも

また、欧米に本社を持つMicroCHIPS社は女性の避妊を目的としたマイクロチップを開発しました。無線コントロールでレベノルゲストレルというホルモンを体内に送り込み、妊娠を防ぐ事が可能になりました。2018年には店頭に並ぶ予定であり、女性の積極的な避妊方法の多様化が期待されます。

マイクロチップを体に埋め込むという技術。依然として憶測に過ぎませんが、ネット上には様々な問題点が氾濫しています。欧米ではマイクロチップを埋め込んだ犬に癌が多発していて、訴訟事件になっているという話もあります。また、チップを国民に埋め込むことで全ての行動を把握するという恐ろしい話まであります。お金はもちろん大切ですが、健康や個人の自由まで脅かされては本末転倒というものです。

REFERENCE:

AFPBB News

AFPBB News

仮想通貨の「財布」、オランダ男性手にマイクロチップ埋め込む
http://www.afpbb.com/articles/-/3031657