警察に追い詰められた犯人が屋上などに逃げ込み、飛び降りると脅してそれを説得するシーンというのはドラマではよくある光景ですし実際の事件でも起こっているものです。しかし、サンフランシスコで起こった事件で当事者を説得に成功したのは意外なものでした。

Police negotiators talked a suicidal man down from a third-story ledge using his ginger tabby cat – then arrested him.

盗難車とバレて逃走、自殺すると脅す

2D330EEF00000578-3264890-image-a-2_1444310806040 image by

Daily Mail

サンフランシスコをパトロールしていた警官はあるトヨタハイランダーとその近くの歩道にいた男性を発見、ナンバープレートを見た警官は男性を止めて番号を照合し、それが盗難車であることを突き止めました。そのことが判明した途端男性は逃走、ハリソンストリートのあるマンションの避難階段を駆け上り3階の窓から身体を出して飛び降りると脅して警察隊を近づけさせまいと抵抗しました。警官たちの説得にも男性はまったく応じず3時間にわたって膠着状態が続きました。

飼い猫に『説得』されて投降

この状態の打開策として、とある警官が閃いたのが現場に駆けつけた男性の家族が連れて来ていた彼が飼っている猫を用いての『説得』でした。茶トラのその猫は写真を見る限り面識のない警官に抱かれていても暴れることなく落ち着いていられるような猫のようでした。そんな彼の愛猫を連れて来て男性の前にその姿を見せると、あれほど頑なに抵抗していた男性が間もなく抵抗をやめておとなしく投降しました。

警官に追われていることで追いつめられた精神状態だった男性の精神を落ち着かせる効果があるほど、彼の猫に対する愛情が深かったからなのかもしれませんが、この猫がおとなしく警官に抱かれていたからで、もし嫌がる猫を無理矢理連れて来ていては結果は変わっていたかもしれません。

2D330EDD00000578-3264890-image-a-15_1444311063792 image by

Daily Mail

サンフランシスコ警察のスポークスマンであるグレイス氏はペットと飼い主の愛情を過小評価しないでくださいと語っています。今回の逮捕劇に対するペットの影響力を大きく考えているようです。家族が犯人を説得するシーンはドラマでもお馴染みですが、愛猫家や愛犬家が相手の場合それ以上の効果がペットの場合発揮される可能性があるのかもしれません。

REFERENCE:

Police negotiators talk suicidal car thief down from ledge using his ginger tabby cat… and then arrest him

Police negotiators talk suicidal car thief down from ledge using his ginger tabby cat… and then arrest him

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3264890/Police-negotiators-talk-suicidal-car-thief-ledge-using-ginger-tabby-cat-arrest-him.html

Cat used by S.F. cops to coax suicidal man off building ledge

http://www.sfgate.com/crime/article/Cat-helps-S-F-cops-talk-suicidal-man-off-6559376.php