ホテルなど初めて眠る場所での宿泊で、睡眠時間は変わらないのにあまり寝た気がしないのは脳の左半球がしっかりと睡眠を取っていないためであるとの研究をアメリカ、ロードアイランド州ブラウン大学が発表した。

If you’ve ever had a hard time sleeping on the first night in a new place, a new study may offer you an explanation: One half of your brain stays more awake than the other.

研究者らは35名の被験者に研究室で数日の宿泊をしてもらい、その間、被験者の脳の活動を観察した。その結果、深い睡眠に入っている状態の被験者の脳の左半球が右半球よりも活発に働いていることがわかった。

脳の半分だけが眠らないという状況は自然界に目を向けてみるとさほど珍しいものではない。クジラなど、海の哺乳類は睡眠時に脳の片方ずつ活動を休めることが知られている。論文の共著者である佐々木由香氏は「私たちの脳はクジラやイルカが持っているような機能に似たものを持っているのではないか」と語っている。

さらに研究では、入眠時の被験者の耳元でブザー音を鳴らしたところ、右耳の近くで鳴らした方が左耳よりも被験者が目を覚ましやすいことがわかっている(右耳から受け取る音は左半球で処理している)。このことから研究者らは慣れない場所でよく眠れないのは、睡眠時に左脳が敵を警戒するための番のような役割をしているため、そのせいでしっかりと深い睡眠が取れていないのではないかと予測している。

佐々木氏によれば、慣れない場所で眠る時は普段から使っている枕を持ち込むなどすることで、この現象を軽減できるという。研究者らはさらに研究を進め、慣れない場所でも深い睡眠を取る方法をさらに探る予定だ。

top image by sleep…/Kirill Kondratyev/flicker

REFERENCE:

This is why you feel groggy after sleeping in a new place

This is why you feel groggy after sleeping in a new place

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-04/cp-tiw041416.php

‘First Night’ Insomnia: Why You Don’t Sleep Well in a New Place

http://www.livescience.com/54506-sleep-first-night.html