京都大学の河田照雄農学研究科教授、後藤剛同准教授らの研究グループが魚に含まれる油(魚油:主成分はEPA、DHA)の摂取が脂肪燃焼細胞である褐色脂肪細胞(褐色脂肪)の増加を促進し、体脂肪の減少や体温上昇をもたらすことを動物実験により証明した。

河田照雄 農学研究科教授、後藤剛 同准教授らの研究グループは、魚に含まれる油(魚油:主成分はEPA、DHA)の摂取が脂肪燃焼細胞(脂肪を分解し熱にする細胞)である「褐色脂肪細胞」(以下褐色脂肪)の増加を促進し、体脂肪の減少や体温上昇をもたらすことを動物実験により証明しました。

白色脂肪と褐色脂肪と

脂肪細胞には私達がよく知っている脂肪を溜め込む白色脂肪と脂肪を燃焼してくれる褐色脂肪の二種類の細胞があることが知られている。褐色脂肪が脂肪を燃焼するのはUCP1と呼ばれる脱共役タンパク質を発現し、このUCP1が脂肪を燃焼してくれるためである。脂肪の燃焼のためには褐色脂肪の数を増やせば良いのだが、褐色脂肪は歳を取るにつれて減少すること、またその数を増やすのが難しいことが知られている。

しかし近年、白色脂肪が褐色脂肪と同様にUCP1を発現し、脂肪を燃焼してくれるベージュ脂肪に変化することがわかった。ベージュ脂肪も褐色脂肪同様に歳を取るにつれて減少するが褐色脂肪よりもその数を増やしやすい。ベージュ脂肪と褐色脂肪には異なる部分が多いが、そのうちの一つとして褐色脂肪は常にUCP1を発現し脂肪を燃焼するのに対してベージュ脂肪は『特定の条件下』でなければUCP1を発現しない。『特定の条件』は運動や体温よりも少し冷たい空気にさらされるなどがあるが、詳しいことはわかっていない。

Fotolia_71317843_XS image by

fotolia

魚油が白色脂肪をベージュ脂肪に変える

一方、魚油は世界的に過体重の抑制などダイエット効果などがあることが知られていたがその詳細な機構はわかっていなかった。今回、ラットに魚油を食べさせる実験を行ったところ、魚油を食べたラットはそうでないラットに比べて褐色脂肪内のみならず白色脂肪内でもUCP1とβ-3アドレナリン受容体(アドレナリンの脂肪燃焼作用を脂肪細胞に伝える働きがある)の増加が確認された。つまり魚油を摂取することで褐色脂肪を発現させるだけでなく白色脂肪がベージュ脂肪となり、ベージュ脂肪がUCP1を発現するようになったということだ。

褐色脂肪とベージュ脂肪の減少は中年期の体重増加やメタボリックシンドローム、生活習慣病の原因になることが知られている。今後は、健康な食生活に役立つ油脂やその他の食品成分について、特にメタボリックシンドロームの改善が深く関わる健康寿命の延伸への機能に着目して研究を発展させていく予定であると研究者は語っている。

Fotolia_81141813_S

また、UCP1は唐辛子の辛味成分であるカプサイシンの受容体、TRPV1が交感神経を活性化して発現することも研究では示されている。唐辛子ダイエットは昔からよく知られているが『発汗作用や体温上昇などの一時的な効果しかない』と言われがちだ。しかし、近年きちんと今回の実験のようにTRPV1が刺激されることで交感神経が活性化されベージュ脂肪を増やしてくれることがわかっている。

image by

fotolia

REFERENCE:

魚油摂取は交感神経を介して、「脂肪燃焼細胞」を増やす-「魚油」の効果で体脂肪燃焼を促す新メカニズムを解明 — 京都大学

魚油摂取は交感神経を介して、「脂肪燃焼細胞」を増やす-「魚油」の効果で体脂肪燃焼を促す新メカニズムを解明 — 京都大学

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/151217_1.html

唐辛子(カプサイシン)による脂肪燃焼の仕組みが解明? -中性脂肪がみるみる下がる最新情報100

http://fatclear.com/28/29/000757.html

β-3アドレナリン受容体遺伝子変異はダイエットによる減量効果に影響しない | 社会医学講座公衆衛生学分野

http://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/node/318