Facebookが新たなページ『Places』を公開しました。気になる地域のおすすめスポットを、ユーザーごとにカスタマイズして教えてくれるサービスとなっています。

気になる地方を入力して検索

Placesページにアクセスすると、検索バーが表示されたページに案内されます。この検索バーに気になる地名を入力します。例えば京都の場合、京都府と入力するとそれぞれの市が候補として出てきますので、希望の場所を選択します。『Kyoto』など英語表記でも出てきます。

スクリーンショット 2014-11-14 19.25.03

検索トップの画像など、Placesで表示される画像はすべて過去Facebookユーザーがチェックインで投稿した画像が使われている。そこから直接写真が投稿されたページに行くことも可能だ。

こちらが検索結果の画面です。レストラン、ホテル、バー、カフェ、公共の観光施設、アート・娯楽、その他に分類されて店舗や施設が紹介されますが、ここに紹介されるものはユーザーごとにカスタマイズされており、その人が興味を持つであろうと思われるものを優先的に表示してくれます。お店などのレビューも反映されて表示されることもあります。

スクリーンショット 2014-11-14 19.26.04

過去のチェックイン、レビュー、いいねを押した事柄、友達として繋がっている人などをもとにして検索したユーザーが興味を持ちやすいであろうスポットを紹介してくれる。ここに掲載されている写真も、過去その場所にチェックインした人が投稿したものだ。

気になるお店のFacebookページに直結

紹介された店舗などの中で気になったものを選択すると、そのFacebookページへと案内されるので、より詳細な情報や他のユーザーの感想などを見ることができます。

スクリーンショット 2014-11-14 19.26.30

友達の誰かがいいねを押しているお店など、自分が直接いいねやレビューを投稿したことがない場所もおすすめに反映される。

スクリーンショット 2014-11-14 19.26.56

『さらに表示』を選択するとフィットネスクラブや映画館、学校などの項目が表示される。また、検索した場所から近い地域の一覧も表示され、その地域をクリックすればその付近のおすすめスポットが表示される。

旅行の行き先で自分にあった場所を知りたい、近くにいるけれどいままでは知らなかった場所を知るきっかけになるなどに活躍してくれそうです。

REFERENCE:

CNET

CNET

Facebook’s new Places page treads on Yelp’s turf
http://www.cnet.com/news/facebooks-new-places-page-treads-on-yelps-turf/