恋人や夫婦でともに素敵なホテルで過ごしている写真を撮影してSNSに投稿するということは、いまではごく普通のことになっています。しかし、この夫婦の場合はそれが問題でした。何故なら、投稿した夫は刑務所に服役中のはずだったからです。

A brazen prisoner walked out of a notorious open prison to enjoy an overnight stay at a luxury hotel with his wife – and even tricked management into giving him the executive room for free.

妻と過ごすために脱獄

脱獄したダグラス・ウォードは銃器不法所持で5年の刑となり刑務所に服役していました。しかし、ダグラス氏はは妻のアイリーンと過ごすために脱獄、リンカンシャーにある高級ホテルへとその姿を現しました。

2CE7952500000578-3253682-Douglas_Ward_26_walked_out_of_North_Sea_Camp_Prison_and_checked_-a-24_1443597290200

何処にでもいるカップル。けれど夫は脱獄囚。

image by

Daily Mail

妻の結婚前の名前であるエレン・トンプソンを名乗ってチェックインし、しかも、座っていた椅子のために足を怪我したなどとクレームを言ってホテル料金を無料にしてもらって優雅に過ごしていたというのでずいぶんと厚かましい話です。ダグラス氏は妻とホテルにあるミニバーで過ごしている写真などをFacebookに投稿。それを見た友人からもう出所したのかと尋ねられた際も「1日出てきただけだ」と答えていたということなので、脱獄囚であるということに対する引け目はあまり見受けられません。

ホテルのスタッフが気付き通報

2CE7CBAB00000578-3253682-image-a-34_1443565133254

ダグラス夫妻が無料宿泊したホテル。

image by

Daily Mail

脱獄囚であることを思わせない優雅な時間を過ごしていた彼らですが、クレームを言われたスタッフがダグラス氏の足がすでに随分と腫れていて包帯が巻かれていること、その包帯が通常の病院で使われるものとはタイプが違うことに不審感を覚え、またクレームを投稿されるのも心配してFacebookをチェックしたところダグラス夫妻の写真を発見しました。そのことによってダグラス氏のプロフィールから、彼が収監中の身であることが記載されていることから脱獄囚であることが発覚しました。投稿を行わなければもうしばらく脱獄できたままだったかもしれませんが友人にも「1日だけ」と言っていたことから自ら戻るつもりだったのかもしれません。

結局、ダグラス氏は脱獄によって15ヶ月の懲役と1000ポンドの支払いを課せられました。調べによればダグラス氏は今回のみならず8月30日と31日、9月8日にも脱獄していたことを認めており、このようにまるで散歩にでも出かけるかのように脱獄できてしまう刑務所の管理体制にもいささか問題があるようです。

REFERENCE:

Worth busting out of jail for? Inmate walks out of open prison to enjoy a night with his wife in boutique hotel – and was only rumbled when staff saw his Facebook profile said he lived at Strangeways

Worth busting out of jail for? Inmate walks out of open prison to enjoy a night with his wife in boutique hotel – and was only rumbled when staff saw his Facebook profile said he lived at Strangeways

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3253682/Prisoner-walked-notorious-open-prison-enjoy-night-wife-luxury-110-room-boutique-hotel-posted-pictures-Facebook-drinking-mini-bar.html