ゾンビ。死者が何らかの力で蘇り、死体のまま動き回る。人間の肉を食らう習性を持ち、襲われた者もまたゾンビになってしまう……。

街中でゾンビと出くわせば、すぐに殺されてしまう皆さんに朗報です。ついに、ゾンビパニックを生き延びる方法がわかってきました。もう大丈夫です。

A team of Cornell University researchers focusing on a fictional zombie outbreak as an approach to disease modeling suggests heading for the hills, in the Rockies, to save your ‘braains’ from the ‘undead.’

もしもゾンビパニックが実際に起こったら、私たちはどうすればいいのか? その疑問に答えを出したのは、コーネル大学の大学院生アレックス・アレミ氏です。ある時、彼はゾンビ小説『ワールド・ウォーZ』を読み、本当にアメリカでゾンビが発生した場合を徹底的にシミュレーションしたいと考えたのでした。

そこで研究チームは、2010年に行われたアメリカ国勢調査のデータを基に、ゾンビ発生の統計モデルを開発しました。想定されたのは3億人以上が感染する全米規模のゾンビ・パンデミック、つまり最悪の事態です。

アレックス・アレミ氏

image by

Virtuosi

シミュレーションの条件

アレックス氏らは、ゾンビの発生と感染拡大は、実在のウイルス性疾患の発生・拡大と同様であると推測しました。よってシミュレーションの方法には、実際の伝染病の場合と大差ないものが採用されています。しかし、『人間のゾンビ化』にはいくつかの特徴があります。

病の多くがいずれ回復するのに対し、一度ゾンビになってしまったら、二度と人間に戻ることはできません。そこで研究では、人間の状態を『人間』『感染中』『ゾンビ』『死亡』の4段階に分けています。

また、噛まれた人がゾンビ化する確率次第で、感染拡大の速度は変化します。シミュレーションでは、ゾンビに1回噛まれた者は80%の確率でゾンビ化すると仮定されました。

ゾンビと戦う者もいる

しかし、人がゾンビを殺すペースより、感染速度の方が25%速い想定。

image by

HORROR TOWN USA

実際の病の場合、発病前の感染者が交通機関などを利用することで、ウイルスが広範囲に拡がることがあります。ただしゾンビが発生した場合、緊急性の高さから主要交通網は封鎖されると予想されました。したがってゾンビは飛行機や鉄道には乗れず、歩いて移動することになります。

条件は整いました。とうとう街にゾンビが放たれます。

その日がやってくる

大都市陥落

ゾンビ発生から1日後

青い部分にはゾンビが来ていない。

image by

Cornell University Library

2日後

緑がゾンビのいるエリア。

image by

Cornell University Library

アメリカ東海岸、ニューヨーク州ニューヨーク市。人口840万人以上のこの大都市では、ゾンビの数がまたたく間に増加、感染は一気に拡大しました。その日のうちに、街はゾンビたちの手に落ちてしまったのです。また、ボストンやワシントンといった他の大都市も、1日足らずでゾンビの手に落ちています。

自由の女神もゾンビになる?

image by

BURGESS

アレックス氏は、その原因が『人口の多さ』および『人口密度の高さ』にあると分析しています。では、もしも東京23区にゾンビが現れたらどうなるのでしょうか?

ニューヨーク市

約789km²の面積、約10,725人/km²の人口密度。

image by

google maps

東京23区

約623km²の面積、約14,676人/km²の人口密度。

image by

東京都水道局

東京23区は、ニューヨーク市の約80%の面積、また約1.3倍の人口密度です。24時間でニューヨーク市が陥落したと仮定したら、東京23区はさらに短い時間でゾンビの手に落ちてしまうことでしょう。アレックス氏は、生き延びたければ都市圏から離れるべきだと述べています。

映画『ゾンビ』より

ショッピングモールに逃げ込むのは大間違い。

image by

THE WARNING SIGN

田舎へ逃げろ

映画や小説では、いったんゾンビが発生すると、複数の場所に感染者が現れ、爆発的に被害が拡大する……という描写が見られます。しかし、実際の感染はそのように広がらないようです。

ニューヨーク市は、ゾンビ発生の当日中に陥落してしまいました。しかし州全体を見ると、北部までゾンビが到達するには約1ヶ月の時間がかかっています。

アレックス氏は「人口密集地を抜けると感染のスピードは落ちる」といいます。少人口の場所ではゾンビの発生ペースが落ちること、また道の整備されていない環境では移動速度そのものが遅くなることがその理由のようです。

ニューヨーク州

約141,300km²の面積に対して、わずか約159人/km²の人口密度。

image by

google maps

しかし、ゾンビがニューヨーク州を1ヶ月かけて制圧した頃、全米の被害状況はすでに甚大なものになっていました。

28日後……

半分以上に到達済み。これがもし日本なら……。

image by

Cornell University Library

そして4ヶ月後

アメリカはほとんど制圧された。

image by

Cornell University Library

ある時アレックス氏らは、数千回ものシミュレーションを重ねた結果、あらゆるケースに共通する事実に気づきました。

ゾンビ発生から4ヶ月後、モンタナ州・ネバダ州には、いまだゾンビが到達していなかったのです。また同様に、ロッキー山脈の周辺地域にはゾンビの流入が比較的遅いことがわかりました。そこで彼らは、ゾンビからの『逃げ場』として最もふさわしい場所がロッキー山脈であると判断しています。

ロッキー山脈(赤色部分)

人口が少なく、ゾンビが移動しづらい地形を持ち、また多くの大都市からはアクセスが難しい。

image by

google earth

日本の場合

では、もしも日本にゾンビが現れたら……。約1ヶ月でアメリカの半分以上が陥落する以上、どう考えても日本はそれほど持ちそうにありません。そんな時、私たちはどこへ逃げればよいのでしょうか?

備えあれば憂いなし

アメリカ疾病予防管理センターでは、ゾンビ対策に緊急準備物や心構えを紹介している。実に参考になる。

image by

Centers for Disease Control and Prevention

日本のロッキー山脈を探せ

以下の3つの条件が最もよくあてはまる土地、それがゾンビからの『逃げ場』です。

・都市から離れていること
・人口密度が低いこと
・土地の整備が進みすぎていないこと

しかし、日本ではゾンビとの短期決戦が避けられません。また、都市は列島各地に分散しているため、そこからの距離を基準に『逃げ場』を探すのは効果的ではなさそうです。

そこで今回は、人口密度道が整備されていない土地(森林・原野・湖沼)の面積(※1)をもとに、『逃げ場』を探すことにしました。47都道府県で人口密度の最も低い、北海道・岩手県・秋田県・高知県・島根県で、道が整備されていない土地の面積を比較してみます。

人口密度(/km²) 道が整備されていない面積
北海道 69.15人 56,213km²
岩手県 84.06人 11,584km²
秋田県 89.12人 8,442km²
高知県 103.83人 5,944km²
島根県 103.91人 5,419km²

結果は一目瞭然、北海道の圧勝です。確かに、広さもあって『逃げ場』になりそうな感じがします。しかし、そもそも本州にいる人間は、ゾンビが発生した緊急事態に北海道へ移動することができるのでしょうか?

アレックス氏らの想定では、ゾンビの発生時には主要交通網は封鎖されていました。現在、本州から北海道へ移動するには、飛行機かフェリー、鉄道を利用するしかありません。つまり、個人で飛行機やフェリーを持っていない限り、北海道への移動は難しいことでしょう。

同様の理由から、人口密度が低い離島への移動も難しいはずです。また仮に成功しても、そこが安全だとは限りません。もし感染した人間がひとり紛れ込んでいたら、すぐに島はゾンビでいっぱいになってしまいます。

青函トンネル

北海道と本州を結ぶ唯一の陸路。どうしても行きたいならここを走るしかない。

image by

風のおひるね

以上の理由より、ゾンビからの『逃げ場』にふさわしいのは、第2位の岩手県だといえるでしょう。しかし、日本でゾンビとの戦いは短期決戦です。いずれにしても、最後には奇跡を待つことしかできないかもしれません。

それでも、とにかく北へ逃げなければなりません。一か八か北海道に逃げるのか、岩手県で時間を稼ぐのか……。とにかく、生き延びることが大切です。

iStock_000023665936_Medium

どうか、よい終末をお過ごしください。

image by

Getty Images

REFERENCE:

Zombie outbreak? Statistical mechanics reveal the ideal hideout

Zombie outbreak? Statistical mechanics reveal the ideal hideout

http://phys.org/news/2015-02-zombie-outbreak-statistical-mechanics-reveal.html

In a Zombie Outbreak, Head for the Rocky Mountains

http://www.livescience.com/50016-best-place-to-hide-from-zombies.html

Scientists determine the nation’s safest places to ride out a zombie apocalypse

http://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2015/03/04/scientists-determine-the-nations-safest-places-to-ride-out-a-zombie-outbreak/

Zombie simulator lets you plan your own apocalypse

http://www.newscientist.com/article/dn27067-zombie-simulator-lets-you-plan-your-own-apocalypse.html

Cornell Team Examines Hypothetical Zombie Outbreaks Using Epidemiology and Physics

http://cornellsun.com/blog/2015/03/03/cornell-team-examines-hypothetical-zombie-outbreaks-using-epidemiology-and-physics/

You Can Run, You Can Hide: The Epidemiology and Statistical Mechanics of Zombies

http://arxiv.org/pdf/1503.01104v1.pdf

【都道府県】人口・面積・人口密度ランキング

http://uub.jp/rnk/p_j.html

可住地面積の割合ランキング

http://grading.jpn.org/DivSRB1103.html

市区町村プロフィール 東京都

http://uub.jp/cpf/tokyo.html

New York City – Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/New_York_City

  1. 各道県の総面積から、可住地面積を引いて算出