今年2014年5月にプロトタイプ第一号が披露されたGoogleの自動運転車。12月22日のGoogle+にてプロトタイプの完成版を公開、2015年1月にカリフォルニア州北部の公道で路上テストを行うことが発表されました。

We’ve now put all those systems together in this fully functional vehicle—our first complete prototype for fully autonomous driving. We’re going to be spending the holidays zipping around our test track, and we hope to see you on the streets of Northern California in the new year.

完全自動走行を目指す未来の車

スクリーンショット 2014-12-24 13.46.22

こちらは5月に披露されたプロトタイプ。

image by

Google Self-Driving Car Project

Googleの自動運転車は『Google Chauffeur』と呼ばれる運転制御ソフトウェアを用いており、車体にはレーザーを用いて対象物との距離や性質を測定する『LIDAR』を搭載。測定されたデータから車両周辺の詳細な3Dマップを読み取り、Googleの高解像度マップと照合、周囲の走行車のスピードも計測して運転を行う仕組みとなっています。

2014年5月にプロトタイプが初披露。ステアリングホイールやアクセルペダル、ブレーキペダルは存在せず、ボタンを押すだけで目的地まで移動できる完全自動走行車でしたが、当時はまだヘッドライトも機能しない状態で試乗テストは行われました。

スクリーンショット 2014-12-24 15.27.50

車内にあるのはボタンだけ。アクセルやブレーキもない。

image by

Google Self-Driving Car Project

スクリーンショット 2014-12-24 15.28.01

目の不自由な人も乗車を体験。

image by

Google Self-Driving Car Project

プロトタイプの完成版

Vehicle prototype-1

今回発表されたプロトタイプの完成版。

image by

Google Self-Driving Car Project

Google+で発表された完成版は、5月のものよりも上部の『LIDAR』がコンパクトで丸みを帯びたものに変わっており、ヘッドライトも機能しそうです。公道でのテスト走行では、カリフォルニア州の規則に従いアクセルペダルやブレーキペダルなどが搭載された手動運転が可能の状態で行われます。

夢の車が実現するまでには現在の道路交通法の改正など様々な課題は残されていますが、自動運転車が人が運転するよりも安全な乗り物であるという認識が浸透すれば、近い将来ボタンひとつで目的地まで運んでくれる乗り物で自由に移動できるようになる日が来るのかもしれません。

REFERENCE:

Google Self-Driving Car Project