知りたい情報をGoogleで検索したとき、最初に出てきたページをクリックしたら広告だった。おそらく誰もが一度は経験のあることだろう。しかし、ある世代にとってそれは『うっかり』ではないのかもしれない。イギリスで行われた調査によると、なんと中学生の7割近くが検索結果と広告をそもそも区別できていないというのだ。

In a new report published by the UK’s telecoms watchdog Ofcom, researchers found that only a third of young people aged 12 to 15 knew which search results on Google were adverts, while this figure was even lower — less than one in five — for children aged 8 to 11.

思春期ゆえの気づかなさ

調査を実施したのは、イギリスの通信監視団体“Ofcom”だ。この調査では、子どもたちにGoogleの検索結果画面を見せ、その1つめのページが「広告」か「もっとも関連性の高いページ」か「もっとも人気のあるページ」のどれかを尋ねた。その結果、12~15歳の31%、8~11歳の16%しか、きちんと正解を言い当てることができなかったという。

ちゃんと『広告』って書いてあるのに……。

しかし12~15歳といえば、まさに中学生にあたる年頃である。なぜ気づかないのか……とは思うものの、興味に向かって猪突猛進、気になったらなんの考えもなくクリックしていた、思春期のあの頃を思い出す人も少なくないだろう。そういう点では、むしろ小学生のほうが逆に慎重と言えなくもないかもしれない。

調査にあたったジェームズ・シケット氏は「子どもたちはインターネットを使って、学び、新たな視点を獲得し、友達や家族とつながることができる。しかし彼らにはまだ、オンラインを導いてくれるノウハウが必要なのだ」と述べている。

ブラウザクラッシャー

パソコンが壊れたと思って焦った人も多いはず。

image by

Koukiの色々日記

突然の課金表示

親になんて言えばいいかわからなかった人も多いはず。

image by

いまいくパソコンサポート

巧妙に隠された広告たち

いささか不思議なのは、子どもたちの46%が「Googleは広告で収入を得ている」という事実を理解しているにもかかわらず、12~15歳の約19%は「検索結果の順位は『あるべき順序』になっている」と信じていたことだ。さらに12~15歳の53%は、ブロガーが自身のブログで特定の製品を取り上げて収入を得る可能性を知らなかった。

ステルスマーケティング(stealth marketing)
マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うこと。
IT用語辞典バイナリ

インターネットのステルスマーケティング

いわゆる『まとめブログ』や芸能人ブログが疑われた。過去には芸能人ブログが詐欺事件に関与した事例もあった。

image by

ネットニュース漂流記

同じくOfcomの調査によると、12~15歳の子どもたちはテレビよりもYouTubeを好む傾向にあったという。しかし、本編とCMがはっきり分かれることの多いテレビに対してインターネットにはさまざまな広告が存在する。子どもたちが広告とそうでないものを見分けられないという調査結果は、けして好意的に捉えられるものではないだろう。

すでにアメリカの消費者団体は連邦取引委員会に対し、YouTubeの子ども向けアプリではコンテンツと広告を区別して表示するよう求めている。またイギリスの広告基準局は、広告にもかかわらず『広告』と明示されていない動画をYouTubeに公開することを禁止するなど、すでに規制に向けた取り組みを始めているのだ。

日本版YouTubeの広告例

動画再生前に表示される。『広告』の表示が大切。

image by

YouTube

目に見える広告すら区別できないのに、そうと書かれていなければどんな影響が出るか……。そう考える保護者が多いことも、今回のニュースからは伺い知ることができるだろう。しかし記者もかつては、さまざまな『失敗』からクリックしていいものとそうでないものを学んだ記憶がある。そんな学習もインターネットには必要では、と思わなくもないが、なにせ本当に失敗すると失うものが大きすぎる。中学生諸君には、くれぐれも気をつけてインターネットに親しむように強くお願いしたい。

REFERENCE:

Teens can’t tell the difference between Google ads and search results

Teens can’t tell the difference between Google ads and search results

http://www.theverge.com/2015/11/20/9768350/google-ads-search-results-ofcom