自分が気になる情報やテレビ番組、映画の感想などを調べるためにTwitterやFacebookの投稿を参照にすることがあるかと思います。このたびYahoo!リアルタイム検索が感情分析を強化し、気になる情報に対して他の人たちはどう感じているのかが視覚化できるグラフとなって表示される機能が正式版としてバージョンアップされました。

ネガティブ、ポジティブの割合をグラフで表示

2013年9月にベータ版としてリリースされていたものは、対応できる単語はTwitterやFacebookでリアルタイムに盛り上がっている単語のみ、情報収集可能時期も新着投稿のみが対象でしたが、今回の正式版へのバージョンアップにともない、すべての単語に対応。反映期間も最短15分前から最長で30日間の期間の選択が可能となりました。
気になる単語で検索をすると、選択した期間内のネガティブな投稿とポジティブな投稿の割合が円グラフで表示され、そのことに対する他の人たちの反応がひと目でわかるようになりました。また、時間帯や日によって感情の割合がどう変化するかは折れ線グラフで表示され、投稿数も表示されます。

スクリーンショット 2014-11-13 14.22.58

Web版では24時間以内、7日間内、30日内と選択ができる。選択した期間内で投稿された内容の感情の割合、感情の推移が一望できる。

スクリーンショット 2014-11-13 15.04.47

感情の割合

検索した単語に対するネガティブ、ポジティブの割合がわかりやすく表示される。

スクリーンショット 2014-11-13 14.25.11

感情の推移

検索した期間内でのネガティブポジティブの割合の推移の変化は折れ線グラフで表示される。間隔は15分刻みから確認できるのでテレビ番組や映画をリアルタイムで見ている人々の感情がどう変化していくのかも調べることができる。

気になるエリアの投稿をピックアップ

折れ線グラフで感情の推移を見ていると、ネガティブポジティブの割合が突然変わっているところが目に付く場合もあります。そのときになにがあったのか、どのような投稿がされたのかを確認する場合は、折れ線グラフにカーソルを移動して気になる部分をクリックすると、選択した時間に投稿されたもののみピックアップして表示することも可能です。ピックアップできる間隔は24時間表示で15分ごと、7日間表示で2時間ごと、30日間表示で1日ごとに選択できます。

スクリーンショット 2014-11-13 15.22.37ぐらふ

このように、ポジティブな投稿が全般的に多いものの中でネガティブな投稿の割合が急に上がっている時間帯があったときなどにその時間帯のみを表示するように選択することができる。

スクリーンショット 2014-11-13 15.22.37つぶやき

選択した時間帯の結果。このときは投稿が15分間中2件のみでその内容がネガティブなものだったため、グラフの割合が変化したとわかる。このように、そのときになにがあったのか、投稿数がどのくらいあった結果このような割合の変化が発生したのかが確認ができるので原因を探りやすい。

初期設定ではTwitterとFacebookの投稿を対象にしていますが、Twitterのみ、Facebookのみに変更も可能です。また、スマートフォンやタブレットでもこちらの機能は利用できます。気になる商品や番組、映画などを他の人たちはどう感じているのか、販売した自社の商品の感想がどのように変化していくのかなどがこの機能を使うことによっていままで以上に詳細に素早く検索することが可能になりそうです。

REFERENCE:

Yahoo!検索 スタッフブログ

Yahoo!検索 スタッフブログ

みんなの気持ちがわかっちゃう!? リアルタイム検索の感情分析がバージョンアップ
http://searchblog.yahoo.co.jp/2014/11/analysis.html