Popular Science誌より、334種類の工作・製造技術と道具を掲載した指導書、The Big Book of Maker Skills(工作技術大全)が発売されました。サイズ19.1×1.8×24.1cm、重量770g、208ページのラージサイズで、色とりどりのイラスト、写真とともに分かりやすくDIYの技術が学べます。

DIY(ディー・アイ・ワイ)は、専門業者に任せずに自らの手で生活空間をより快適に工事しようとする概念のこと。英語でDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身で作ろう」の意。


image by

Laughing Squid

ハンマーの使い方

「ハンマーの振り方」「ハンマーの力を伝えるには」「釘の打ち方」などのセクションが並ぶ

image by

Amazon

レンチ一覧

様々な種類のレンチが鮮明な写真とともに見られる

image by

Amazon

解説文は全て英語なのですが、工具好きにとっては美しくレイアウトされた各ページを眺めているだけでも、わくわくする一冊です。このThe Big Book of Maker Skillsを執筆したPopular Science誌のライターであるChris Hackett、ただのライターではないようで他にもいろいろとユニークな活動をされています。

Chris Hackett

Chris Hackettは1972年4月15日ニューヨーク生まれ。芸術家、テレビ司会者、ライター、製作者、オルタナティブ技術者、インストラクター。ニューヨークはブルックリンを拠点とする芸術団体Madagascar Instituteの共同設立者。

著者のHackett氏は、アメリカDIY界においては知らぬ人のいない有名人です。自身が設立者の芸術団体Madagascar Instituteにおいては、巨大な造形物や乗り物、ゲリラ的なアートイベントやライブパフォーマンスを行っています。

MIG溶接、TIG溶接は、電気を用いた溶接方法の一種。日本において業務として取り扱うには国家資格「アーク溶接作業者」が必要。

Madagascar Institute

2014年11月現在、トップページには「MIG溶接を始めよう」「TIG溶接を始めよう」といった溶接講座の報告記事が組まれている。

image by

Madagascar Institute

また彼は、Science Channel製作の「Stuck with Hackett(Hackettと作ろう)」という番組で、進行役としても活躍しています。

Stuck with Hackett – Building a Welding Rig

「溶接装置の製作」(危険ですので絶対に真似しないで下さい

舞台は廃車置き場。まずはヘッドライトを外す、なぜかって?

バッテリーがまだ動くか調べるためさ
絶対に真似しないで下さい

とりあえず一つ目、三つ揃えよう

わ、何かいる!

三つ揃ったら、こんな感じにつないで完成
絶対に真似しないで下さい

溶接ができてしまうのだ
絶対に真似しないで下さい

この番組、Hackett氏の緩やかで聞きやすい解説とナチュラルでダイナミックなキャラクターに惹きつけられてしまいます。是非これから注目していきたいところです。

REFERENCE:

Laughing Squid

Laughing Squid

http://laughingsquid.com/the-big-book-of-maker-skills-chris-hacketts-illustrated-guide-of-334-tools-and-techniques-for-makers/