大西洋、北海。イギリス・テムズ川河口のシェピー島から約2.5km、同じくサウスエンド・オン・シーという町から約5kmの海中に、1隻の難破船が沈んでいる。船の名前は『SS リチャード・モントゴメリー号』。1944年にこの地で難破したまま、70年以上も撤去されずに残っている。

しかしこの『SS リチャード・モントゴメリー号』、いつ大爆発を起こすかわからない。なぜならこの船には、難破以来、莫大な量の爆発物が眠っているのである。

The incredible image, using the latest in multi-beam sonar technology, captures in detail for the first time the SS Richard Montgomery, which sank in 1944 after a fatal crack tore the vessel in two.

『SS リチャード・モントゴメリー号』

当時の写真。アメリカ独立戦争を闘った軍人の名前が付けられた。

image by

Daily Mail Online

沈没した『不発弾』

『SS リチャード・モントゴメリー号』は1943年7月、アメリカ・聖ジョン・リバー造船会社によって貨物船として造られた。時は第2次世界大戦の真っ只中、戦中には2,710隻の貨物船が使われたというが、そのうちの1隻がこの船だったのである。

この船が唐突に最期を迎えたのは、1944年8月、アメリカ・デラウェア川を出発したのちにイギリス・テムズ川河口に停泊したときのことだった。指示を受けて船を移動させる途中、水深7.3mの位置で座礁してしまったのだ。一般的な貨物船の場合、水面から船の最下面までの距離(喫水)の平均は約8.5mなのだが、『SS リチャード・モントゴメリー号』の喫水の深さは約9.4mだったという。

おびただしい数の爆弾

もっとも、ただ船が座礁しただけならばさほどの問題にはならなかったことだろう。問題は、貨物船であったこの船には、じつに大量の爆弾・火薬が積み込まれていたことだった。

・『ブロックバスター・ボム』約910kg × 286
・約450kgの爆弾各種 × 4,439
・約230kgの爆弾 × 1,925
・破砕爆弾、クラスター爆弾 × 2,815
・各種爆発物
・発煙弾(白リン弾)
・信号弾

『ブロックバスター・ボム』とは、街のストリート全体や大きな建造物を丸ごと吹き飛ばす性能をもつ爆弾である。またクラスター爆弾とは、大型弾のなかに複数の小さな弾が入っているものだ。現在、船は水深15mの位置に沈んでいるが、浅瀬に大量の爆弾が沈んでいるという事実は、周辺地域にとって脅威でしかない。もはや船そのものが超大型の『不発弾』と化しているのである。

貨物船で兵器の輸送が行われていた。

image by

The Inly Fool

もしも爆発したら

2004年、雑誌『ニュー・サイエンティスト』が、この貨物船にいまだ爆発の可能性があることを指摘している。何かが衝突したり、もしも攻撃を受けたり、ともすれば潮の流れで貨物が動くだけで爆発する可能性があるようだ。専門家によれば、もしも実際に爆発が起きた場合、津波の発生による周辺の港町への洪水被害は避けられないという。爆発規模は非核爆発のなかで史上最大とみられており、被害総額は約10億ポンドにものぼる見込みだ。

もちろん『SS リチャード・モントゴメリー号』はそのまま単に放置されているわけではない。すでに難破船の周囲は立ち入り禁止区域に指定されているほか、1965年以降は船体の定期的な調査が行われているのである。監視と調査を担当している海事沿岸警備庁は、この座礁船の監視に年間約4万ポンドを費やしている。

立ち入り禁止のブイ。

image by

YouTube

持ち上がる空港建設計画

この『不発弾』がいわゆる「目の上のたんこぶ」となっているのが、テムズ川河口に空港を建設するという動きだ。空港を建設するためには、座礁船の撤去、もしくは確実な安全保証が必須とみられる。しかし海事沿岸警備庁による調査は『SS リチャード・モントゴメリー号』の状態が非常に危ういことを示している。2011年の調査では「致命的な崩壊はみられないものの、そのときは近づいている」として、船体の構造劣化をはじめ、船首部の亀裂などが報告された。

最新の調査では、すでに船体が真っ二つに割れていることが判明している。

image by

Daily Mail Online

しかしながら、ロンドン市長のボリス・ジョンソン市長は、かつて「船の存在は空港建設を妨げるものではない」といった発言をしており、また運輸省サイドも「座礁船は安定状態にあり、爆発の可能性は薄い」と述べている。建設反対の意見は強いが、航空の開発と『不発弾』の存在は別問題……ということだろうか。『不発弾』撤去の予定が立たないまま、空港の建設は少しずつ進められている。

REFERENCE:

The 1,400-ton timebomb: Astonishing sonar image of wreck that could wipe out Kent port at any moment

The 1,400-ton timebomb: Astonishing sonar image of wreck that could wipe out Kent port at any moment

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3382177/The-1-400-ton-timebomb-Astonishing-sonar-image-wreck-wipe-Kent-port-moment.html

SS Richard Montgomery – Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/SS_Richard_Montgomery