先日、DropboxとMicrosoftが提携し、モバイルアプリでのOfficeファイルの編集がスマートに行えるようになるというニュースを取り上げましたが、オンラインストレージサービス『Google Drive』でも、ドライブに保存されているファイルをブラウザ上から直接デスクトップアプリケーションを開くことができる拡張機能が公開されました。

Google Chromeの拡張機能として利用可能

仕事やプライベートのメールの送受信にGmailを利用している人は少なくないかと思います。そんなメールのやり取りでOfficeファイルやPDF、画像、動画などのデータを受け取ることもあるでしょう。Gmailでそれらのデータが添付されていた場合、ダウンロードするかGoogle Driveへの保存が選択できます。ブラウザ上のGoogleDriveではOfficeファイルはGoogleドキュメントに変換しての編集となったり、画像データもChrome Web Storeで公開されているアプリで編集することができるのみでした。けれど、WordのデータをGoogleドキュメントに変換して編集した場合、最新のデータがどれかわからなくなったり、レイアウトが崩れるなどが発生することがありました。

スクリーンショット 2014-11-06 15.34.16

いままではChromeでもブラウザ上でのファイルを開けるアプリはChrome Web Storeで公開されているアプリが主で、PhotoshopなどPCにインストールしているアプリケーションで編集するためにはいったんデスクトップ上にダウンロードする必要があった。



ブラウザ上から直接アプリケーションを開くことができる

今回発表された『Application Launcher for Drive』によって、ブラウザ上からGoogle Driveに保存されたデータを自分が使いたいアプリケーションで開くことができるようになりました。画像、動画、Microsoft Officeドキュメント、Photoshop、Illustrator、PDF、ソースコードなど、対応しているデータは多岐に渡ります。Microsoft Officeドキュメントの場合、OpenOfficeやiWorkなどのアプリケーションでも開くことが可能です。

スクリーンショット 2014-11-06 14.37.14

例えばWordデータの場合でも、Microsoft Office以外にPagesやOpenOfficeも選択可能だ。

使用するためにはGoogle Driveクライアントが必要

この拡張機能を使用するためには、Google Driveのクライアントアプリケーションの最新版をパソコンにインストールする必要があります。クライアントアプリケーションダウンロードページからダウンロードを行い、パソコンにインストールを行うと、GoogleDriveのフォルダがパソコン上に作成されます。GoogleDriveに保存されているデータはこのフォルダに同期されます。
なお、デスクトップ版のGoogle Driveは1アカウントにのみ対応していますので、複数アカウントを使用している人は作成の際のアカウント選択にはお気をつけ下さい。

そして、この機能はGoogle Chromeの拡張機能なので、使用したい場合はGoogle Chromeを利用することになります。

IMG_7723-1

モバイル版のGoogle Drive

モバイル版では複数のアカウントを選択して使用することができる。もしかすると、デスクトップ版もそのうち複数アカウントに対応するようになるかもしれない。

今回のGoogle Driveの拡張機能や、先日のDropboxとMicrosoftの提携など、オンライン上でのデータのやり取りがどんどんスマートなものになっていくようです。省かれているのは数手間なのですが、その僅かな変化がこれからの作業環境に及ぼす変化は大きなものになるのかもしれません。

REFERENCE:

Google Drive Blog

Google Drive Blog

Launch desktop applications from Google Drive in Chrome
http://googledrive.blogspot.jp/2014/11/launch-desktop-applications-from-google.html