Word、Excel、PowerPoint。ビジネスでこれらのデータを使用している人は多いでしょう。iPadで開いてデータを閲覧するということもあるかと思います。今年2014年3月にMicrosoftよりiPad向けのOfficeアプリケーションがリリースされましたが、いままではデータの閲覧は誰でも可能でしたが編集するためには有料サービスであるOffice 365へ加入している必要がありました。しかし、Microsoftは今回、誰でも無料でOfficeデータの閲覧、編集、新規作成が可能になるアップデートを行いました。

いままでは閲覧のみ

iPad向けOfficeアプリケーションは今年3月にMicrosoftよりリリースされていましたが、閲覧は誰でもできても編集は月額課金サービスのOffice 365へ加入しているユーザーに限られていました。無料で簡易編集が可能のOffice mobileはリリースされていましたが、Officeで使用できる機能がすべて使えるものではありませんでした。今回のアップデートによって、そのような代替えアプリを使用する必要がなくなり、誰でもOfficeアプリケーションのみでOfficeデータの管理を行うことができるようになったのです。

iPadだけではなくiPhoneでも

今回のアップデートでiPadだけではなくiPhoneでもスムーズにデータの閲覧、編集、作成ができるよう最適化されました。使用するデータもOne DriveだけではなくDropboxに保存されているデータも直接開くことができ、上書き保存することも可能となっています。必要なデータをDropboxに保存している人もアプリケーションの移動をすることなくOfficeアプリケーション内で完結して作業を行うことができます。
2014-11-07 14.13.35短

データの保存先は端末本体、One Drive、Dropboxが選択できる。One Driveに保存していたデータを編集し、Dropboxに保存するということも可能だ。

編集するデータの拡張子は最新のもののみ

編集を行う場合は最新の拡張子である必要があります。以前の拡張子の場合、メッセージが表示され、編集を行いたいデータの拡張子を最新のものに変換した複製データを作成することになります。『.doc』『.xls』『.ppt』の場合はそれぞれ『.docx』『.xlsx』『.pptx』に変換されたデータが新たに作成されます。データのやり取りで以前の拡張子を使用している人はこの点には注意が必要です。

2014-11-07 14.46.24短

『.doc』『.xls』『.ppt』の拡張子を持つデータは閲覧はできるが編集を直接行うことはできない。拡張子を変更した複製データを作成する場合もそのデータの保存先は選択できる。

Android版Officeは2015年の早い時期にリリースする予定だそうですが、Android版Officeのリリースプレビュー版に申し込んで当選した人にはテストコードが配布され、体験してみることが可能のようです。
外出先にパソコンを持ち運ぶ必要がなく、タブレットのみで仕事をスムーズに行える環境が整っていきそうです。

REFERENCE:

Microsoft

Microsoft

Microsoft brings Office to everyone, everywhere
http://news.microsoft.com/2014/11/06/microsoft-brings-office-to-everyone-everywhere/